2016年総会終了のご挨拶

角膜カンファランス2016
(第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会)を主催して

北里大学 清水公也

 この度、2016年2月18日(木)~20日(土)に第40回日本角膜学会総会・第32回日本角膜移植学会を長野県軽井沢プリンスホテルにて主催させていただきました。1日目と2日目は晴天、3日目は雪と、情緒あふれる天候に恵まれ、無事に終えられたことも、日本角膜学会、日本角膜移植学会の理事、評議員、会員の皆さまのおかげと、厚く御礼申し上げます。

今年は目玉のひとつとして、ASIA VIDEO SYMPOJIUMを企画し、日本、中国、韓国、台湾の先生方に角膜手術関連のビデオ映像を主体とした内容でご講演いただきました。海外の先生方の講演だと敬遠されるかと思いきや、会場では白熱した議論が行き交う姿が印象的でした。角膜再生医療や角膜疾患の視機能についてのシンポジウムも大変盛況でした。最終的には230演題の発表と、926名の参加者数を記録しました。

共催セミナーでは峠の釜めしやASANOYAのベーカリーなどをお楽しみいただけましたし、ドリンクコーナーでは茜屋の珈琲と葡萄ジュースやアトリエ・ド・フロマージュ、ガトゥ・デ・クロシェットなど有名店から提供いただいたスイーツも、さまざまな先生方から大好評でした。

アスレチックではカーリング大会が行われ、過去最高の24チーム、200名近くの先生方にご参加いただきました。元カーリング選手の市川美余さんが登場した始球式では、見事なショットを決めていただきました。若手から大御所の先生まで、最初は乗り気でなかった先生も、最後には汗いっぱい一生懸命にプレーしていて、大いに盛り上がりました。私もチームリーダーとして参加しましたが、惜しくも5位という成績に終わったことが、この学会唯一の心残りです。

懇親会では、信州の千代幻豚や信州ワインなどの食事はもちろん、デビューから40作連続オリコンTOP10入りという快挙を達成した、あの女性アーティストがミリオンセラーを含む一夜限りのセットリストを披露し、会場を大いに盛り上げてくれました。たくさんの方々に楽しんでいただけたようで、企画した側としては苦労した甲斐があり大変嬉しかったです。

北里大学らしくおもてなしの精神で医局員全員が積極的に学会運営に携わりました。「よく学び、よく遊べ」という、角膜カンファランスのモットーを充分に満喫いただけたのではないかと思っています。御参加いただいた先生方、御協力いただきました企業の方々に、この場をかりて改めて御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

PAGETOP
Copyright © 日本角膜学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.