JAPANESE  |  ENGLISH

学術奨励賞

  • HOME »
  • 学術奨励賞

◆第16回日本角膜学会学術奨励賞 応募要項について

Gel nails first appeared in the U.S. in the early 1980s, https://modelones.com
but were met with limited success. At the time, Nail gel polish
the manufacturers of gel lights and the gel itself had not joined forces, gel nail polish color set
not yet recognizing the need to precisely match the intensity of the light to the photoinitiators in the gel.Best gel nail polish
Nail techs and clients soon found out that ­using the wrong light or applying too much gel caused a burning sensation on the client’s fingertips.luxury nail gel
Additionally, education on gel application was limited, leaving nail techs in the dark about the product, and home-use ­systems were introduced around the same time, damaging the reputation of salon-use systems by ­association.Nail care
Nail gel

日本角膜学会では角膜に関する優れた若手研究者の育成を目的として『日本角膜学会学術奨励賞』を設けることになりました。この『日本角膜学会学術奨励賞』は、角膜に関する優れた内容の研究をおこない、その業績の一部を角膜カンファランスに発表した若手の本学会会員の中からオープンな形で選考されますので、是非奮ってご応募ください。なお、応募要項の請求は事務局までお問い合わせください。

1. 目的:

日本角膜学会が日本の角膜の研究を助成振興し、研究向上発展に寄与することを目的とする。

2. 対象者:

日本の大学、大学院および医療機関、それに準ずる研究機関に所属する眼科研究者、眼科医で応募時年齢は原則として40歳以下とする。

3. 授賞:

角膜・眼表面の研究から2名に対し角膜学会学術奨励賞並びに副賞を授与する。

4. 副賞:

トロフィー並びに、1名につき20万円を授与する。副賞20万円の使途については特に制限は設けない。

5. 応募方法:

応募者は所定の様式1(-1および-2,)、様式2(-1および-2,)に必要事項を記入の上、研究題目に関連する学術論文3編以内の別冊6部ずつ(内5部はコピー可)ならびに角膜カンファランスの抄録の写し各6部(全てコピー可)とともに事務局あてに提出すること。様式1-2は他薦の推薦者がいる場合のみ提出し、なお推薦者は日本角膜学会理事、評議員もしくは国内の眼科教授とする。自薦の場合は様式1-2は提出の必要はない。必要書類は下記事務局に請求のこと。

6. 締切日:

2018年10月31日(水)(消印有効)

7. 選考および結果の通知:

選考委員会にて受賞者を決定し、その結果を12月末までに応募者に通知する。

8. 授賞式および受賞記念講演:

受賞式は2019年の日本角膜学会にて行う。また受賞者は受賞記念講演を行う。

★応募要項の請求および書類提出先:

日本角膜学会事務局
〒567-0047 茨木市美穂ケ丘3-6 山本ビル302号室
TEL:072-623-7878 FAX:072-623-6060
Email:folia@hcn.zaq.ne.jp

PAGETOP
Copyright © 日本角膜学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.